地区会連絡部での2年間

前地区会連絡部長 辻内  章

 
 2年前の就任の挨拶で次のようなことを書きました。
「今後は若い人の出会いの場にもなるような活気のある地区会を目指して、各地区会の活動を支援していきたいと思います。地区会連絡部として地区会の活動を支援する予算もとっていますので、おもしろい行事を企画してどしどしお申し出ください。予算には限りがありますのでお早い目にどうぞ。」
 「おもしろい行事を企画してどしどしお申し出ください。」と言ったところ、いくつかの地区会では活発に活動していただき、追加補助の申請が多く出てきましたので、追加補助する場合のルールづくりをしました。1年目が結構追加補助の申請があったので、2年目は予算を増額しましたが、期待に反して2年目はあまり申請がありませんでした。また、地区会に関する要望等のアンケートを実施したところ、地区会の名称を変えたい、区割りをもっと広くしてほしい、等々の意見がありましたが、在任中に対応することはできませんでした。
 2年間を振り返ると、地区会の活動を活発にできたとは言えず、反省するところが多くありますが、各地区会の方々とお知り合いになれて、それなりに有意義な2年間でありました。現在の地区会の形になって5年が経過し、そろそろ見直しの時期にきていますので、次期担当副会長・部長にお骨折りいただき、改革していただきたいと思ってます。これからは私の所属する北部大阪地区会での活動を通じて、地区会の発展に貢献したいと思ってます。